3月‐10月               open 木~土曜日11時‐18時
by hibi-tsumugi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
はじめまして
お店、お問い合わせ
今月の営業日
おしらせ

くらしの道具・雑貨
個展・企画展など
わののわ
おいしいもの
まいにち
庭の花木
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
最新のコメント
towananakaoさ..
by hibi-tsumugi at 14:46
こんにちは。お問い合わせ..
by hibi-tsumugi at 08:30
豆乳鍋さま 明けま..
by hibi-tsumugi at 15:55
年越しのお忙しい中、ふら..
by 豆乳鍋 at 15:43
豆乳鍋さま こんば..
by hibi-tsumugi at 21:54
おばんです。 昨日の1..
by 豆乳鍋 at 16:26
鍵コメ aさま こ..
by hibi-tsumugi at 21:08
鍵コメyさま こん..
by hibi-tsumugi at 20:55
鍵コメyさま はじ..
by hibi-tsumugi at 20:27
鍵コメaさま aさ..
by hibi-tsumugi at 09:57
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
最新の記事
読書
at 2018-05-23 14:28
甘いおやつは季節を問わず
at 2018-05-23 14:15
五月晴れのお散歩日和
at 2018-05-23 14:07
5月18日
at 2018-05-18 09:46
5月18日
at 2018-05-18 09:36
ファン
記事ランキング
画像一覧
ガーベラとフリージア
f0238965_12164488.jpg



いつもお野菜を届けてくれるやおやさんが、黄色いフリージアとオレンジのガーベラを一緒に届けてくれました。
あたたかくて元気を貰える黄色とオレンジ色。ありがとうございました。








f0238965_12194180.jpg


フリージア (黄色)の花言葉・・・無邪気
ガーベラ (オレンジ色)の花言葉・・・神秘、我慢強さ
[PR]
# by hibi-tsumugi | 2011-04-15 12:17 | まいにち
癒し、安らぎ、救い、励まし
f0238965_9435528.jpg


癒し、安らぎ、パワーをくれるもの。人それぞれですが
わたしはやっぱり、大好きな植物や音楽に救われています。
それから、映画にスポーツ観戦、アロマキャンドルの優しい灯や香り、あたたかい珈琲や紅茶。
1日のうちのほんのわずかな時間ですが、自分のすきなものを愉しめるようになってきました。






f0238965_9344745.jpg

天使の歌声と心地よいギター。ボッサのゆるやかなリズムに心穏やかになります。
つむぎopen中も、たびたびBGMに。






f0238965_9362779.jpg

雑誌も、少しの間現実逃避できます・・・



停電断水食糧難。大震災後数日は過酷な日々で本当に生きることに精一杯だった。
そんな中救いだったのは家族や妹たち、近所に住むいとこ、親戚、友人、近所の方、町内会の方々。
恐怖、不安、ちいさな情報でも皆で共有し励まし合っていました。
そして、遠くに住む友人やお取引先の方々の励ましが何より心強かった。
メールやお電話をいただき(なかなかつながらず、なんども電話してくれた方も)どうしようもない恐怖と不安の中、励まされ救われました。

「困っていることがあったら遠慮なく言ってね。物資を送るから!」
「東北のこと応援し続けるから、大丈夫だからね!必ず復興できるからね!」

秋田の友人は、水や野菜卵など、段ボールいっぱいに詰め込んで駆けつけてくれました。
みなさん、本当にありがとう。





f0238965_9372453.jpg

両手で包み込んで、ゆっくりゆっくり珈琲をいただく。
こんなちいさなことが、普通の日々が幸せなんだ・・・
命あることに感謝。
[PR]
# by hibi-tsumugi | 2011-04-13 09:42 | まいにち
4月13日
f0238965_8532726.jpg



今日は5月上旬並みのあたたかさになるとのこと。
このまま桜前線北上のスピードも加速してほしいものです。

あいかわらず余震が続き落ち着かない毎日ではあるけれど、夫は会社に、娘は小学校へ元気に通っています。
待つ身としては無事に帰宅することを祈るしかなく、心配ではありますが・・・

昨日やっとルームスプレーを作りました。といっても、精油と精製水と無水エタノールを混ぜ混ぜして作るだけの簡単なもの。
この1カ月間というもの生きることに精いっぱい、しかも時間があっても何も手につかない状態で普段通りの生活が出来なかったのです。状況が状況なだけにあたりまえなのですが・・・とにかく、肉体も精神も凝り固まっていたような感じというか。ほんの少しの息抜きさえもできずにいました。
不安や恐怖は常につきまといながらも、最近ようやくちょっとした息抜きができるようになりました。


地震後は動悸と息切れおまけに過呼吸がしばらく続き(動悸はいまも続いていますが)
不正出血が止まらず、胃が激しく痛むなど体調もぼろぼろ。
まだまだ万全といえませんが、だいぶ体調も良くなってきました。


・・・なんて打ち込んでいる間にもまた余震。
どどどど・・・という地鳴りが始まると、ルナは私にぴったりくっついて離れません。
かわいそうに、ルナも地震がトラウマになっているのです。




++++++++++++++++++++++++++++++++

ルームスプレーは、ユーカリ×ライム×グレープフルーツの精油の組み合わせ。
すっきり爽やかな香り。
[PR]
# by hibi-tsumugi | 2011-04-13 09:06 | まいにち
ひさしぶりに
f0238965_1034697.jpg


1カ月ぶりにカメラをさわりました。そして庭に出ました。
クリスマスローズはニガーもリヴィダスも黒もピンクも満開になっていました。
早咲きの水仙テタテートも満開に、数種の水仙も芽が伸びて
薄水色のプシュキニアリバノティカは咲きはじめ、アストランティアやゲラニウム等の宿根草も小さな葉を伸ばし始め、冬に剪定していたバラたちも小さな葉がちょこんちょこんと出てきました。
今年も春はちゃんとやって来ました。胸がいっぱいになりました。






f0238965_1013527.jpg

八重のコデマリの葉も伸びてきました。白×緑のぽんぽん咲き。今年もたくさん咲いてね!
[PR]
# by hibi-tsumugi | 2011-04-11 10:13 | まいにち
4月11日
f0238965_9313889.jpg



3月11日の大震災から今日で1か月。
夢の中のような、でもまぎれもない現実で、何度も夢であってほしいと願った日々。

娘の通う小学校は今日から新学期がスタートしました。
「気をつけながら、気持ちは前向きに!」家族で頑張ろうと思います。

節水と節電は一定期間ではなく、継続的にこれからもずっと。
仙台市は下水処理施設が壊れ、数割程度の機能しか果たせていないため
尚のことひとりひとりの節水の意識が求められています。
入浴回数を減らし、風呂水は再利用し洗濯とトイレに。食器洗いも水は最小限にとどめながら。

津波被害が大きかった地区への救援物資や義捐金も、自分のできる範囲で協力する。あまりにも被害が大きすぎるのでながいスパンでの協力が必要だと思います。
つい先日は衣服とノート数冊鉛筆数十本を救援物資として、地区の中学校へ持って行きました。一括して甚大な被害をうけた被災地の子供たちへ送っていただきました。

義捐金もできる範囲で協力し続けたいです。
自分がやるべきことを常に考えながら前に進んでいかなくては。




+++++++++++++++++++++++++++++++++

3月11日、地震が起きる直前になぜか時計に向かってシャッターを切った私。
少し前にお客様二人が、(無事家路につきましたでしょうか)その後お友達が小さな息子君を連れてお店に遊びに来ていました。その直後に大地震が。
どんどん激しくなる揺れに友達と「もうやめて・・・」と泣きそうになりながらひたすら耐えていました。本当にながい時間揺れ続けました。もしお店にわたし一人だったらパニックになっていたかもしれません。
幸いお友達も息子君も怪我なく、お店のうつわは倒れたり落ちたりしましたが、ディスプレイしていた私物が数個と、うつわが1個壊れただけで済みました。
それから、リビングでひとり(1匹)恐怖を体験していたルナのもとへ。かなりのパニック状態に陥っていましたが怪我することなく無事でした。
家の中のあらゆるものが落っこち、倒れ、壊れ・・はしましたが
あの揺れでこの程度ですんだのは奇跡的、被害は最小限にとどまりました。
それから娘を迎えに小学校へ。
雪の降る中、上着も着られず上履きのまま校庭に避難していた子供たち。
泣きはらした真っ赤な目で震える娘と対面した時は安堵しました。どんなにこわかっただろう・・
娘の小学校の生徒たちはひとりも怪我することなく校庭に避難できたそうです。
その日の夜は本当に長かった・・・
真っ暗やみの中キャンドルを灯し、娘とルナと肩寄せ合い、何度も起こる余震におびえながら夫の帰りを待ちました。
宮城県北部で仕事していた夫は震度7を体験しました。
夫は帰りがてら、連絡がつかず心配していた北部に住む私の両親の無事を確認し
いつもなら一時間程度で移動できる距離を4時間かけて帰宅しました。
その日の記憶はとぎれとぎれなのですが、星がやたらときれいだったのを覚えています。
[PR]
# by hibi-tsumugi | 2011-04-11 09:58
自分がやるべきこと
余震、それから放射線の見えない恐怖。
3月11日の大震災から、来る日も来る日も頭がパンクしそうなほど考えて考えて
凹んだり、これじゃいけないと自分を奮い立たせたり・・・そして自分がやるべきことを考える日々です。

明日は娘の小学校の始業式。
母として、子供を守らなければと心に誓う。

普通ではなくなってしまった現実を受けとめ、前向きに生きていく。
これからも、今自分がやるべきことを考えながら・・・






*****************************************

大きな余震は、今後数年は警戒しなくてはいけないそうです。原発もまだまだ予断を許さない現状。私もまだ仕事に向き合えずにいます。
様々なことを考慮しますとお店再開はもうしばらく先のことになりそうです。
また笑顔でみなさまにお会いできる日を楽しみに、ゆっくり前に進んでいこうと思っています。
[PR]
# by hibi-tsumugi | 2011-04-10 12:55
亀田大介さん
つむぎでお取り扱いさせていただいている、福島の作家亀田大介さん。ご家族の皆様ご無事です。
亀田さんご一家は、奥様の文さんの神奈川県のご実家にいらっしゃいます。
息子さんと娘さんは奥さまの母校の小学校に通い始めたそうです。
大介さんは文さんのお父様のアトリエにて作家活動を再開すべく、少しずつ準備されているそうです。
大変な状況の中、新しいスタートを切られた亀田さん。
1日でも早く、つむぎでも亀田さんの作品たちをご紹介できるように
私も一歩一歩前に進んでいけたらと思っています。
[PR]
# by hibi-tsumugi | 2011-04-10 12:20
無事です
家族皆無事です。
ライフラインが少しずつ復旧し、一昨日は電気今日はやっと水が出るようになりました。
少しずつですが復興に向けてすすんでいることが今はただ嬉しいです。
お伝えしたいことは沢山あるのですが、もう少し落ち着いたら改めて綴りたいと思います。
メールひとつひとつにお返事できずごめんなさい。
沢山の励まし、お心遣い感謝しています。人のあたたかさが身にしみています。
本当にありがとうございます。





*お店はしばらくの間お休みとさせていただきます
[PR]
# by hibi-tsumugi | 2011-03-16 11:31
亀田大介さんのうつわ 再入荷
f0238965_9184669.jpg




亀田大介さんのうつわが再入荷しております。


f0238965_9194211.jpg

灰粉引リム7寸皿


f0238965_9205933.jpg

鉄釉6寸方口


f0238965_1122590.jpg

鉄釉4寸平皿


f0238965_9214043.jpg

灰粉引き鎬汲出



f0238965_9223040.jpg

鉄釉玉縁豆方口




亀田さんの鉄釉の器はスタイリッシュで格好良く、こういった質感や風合いのものをいくつか持っていると食卓に変化が出て素敵です。
少しシルバーがかった深い紫色は光のあたり具合で様々な表情がみられます。
ボルドーのような色味の鉄釉6寸方口も素敵です。
灰粉引きは、柔らかいベージュ色。どのような料理、器とも合わせやすく万能選手です。
今回入荷した灰粉引きの鎬カップは、カスタードクリームのような色味でこちらもかわいらしいです。

お待たせしておりましたお客様、入荷いたしました。ご来店お待ち致しております。
[PR]
# by hibi-tsumugi | 2011-03-11 09:31 |